月額10,00円でスマホを使う! 格安スマホ・格安SIMの徹底比較サイト

格安SIMには3つのタイプがある

格安SIMは、さまざまな業者が多様なサービスを展開しています。

それは、主に3つのタイプに分かれます。

  1. データ通信SIM
  2. 音声通話対応SIM
  3. IP電話付きSIM

もっとも多いデータ通信SIM

もっとの多いのは、データ通信のみに対応するタイプです。

メールやネット、動画などのデータ通信を利用する機能はキャリアのSIMと同じように使えるが、電話はできません。

通話するには、IP電話アプリなどを導入して機能を補う必要があります。

とにかく安く使いたい人や、電話機能はLINEなどんのアプリで十分と思っている人に適しています。

 

音声通話出来る音声通話対応SIM

もうひとつは、データ通信に加えて音声通話にも対応するタイプ

メールやウェブ閲覧などデータ通信SIMで使える機能に加えて、音声通話にも対応しています。

通話料は、約21円/30秒でキャリアの旧プランと変わらないが、一般的なスマホと同じように発着信が可能です。

また、MNPにも対応していて、今使っている番号を継続して利用できるのも大きな利点です。

ただし、月額料金はデータ通信SIMよりも若干割高に設定されています。

毎月の料金は安くしたいけど、電話番号をそのまま利用したい人にマッチしています。

 

独自のIP電話アプリを割安で使えるSIM

独自のIP電話アプリを割安な料金で利用できるタイプ。

実質的にはデータ通信SIMですが、専用アプリを利用することで音声通話できないデメリットを解消することができます。

基本使用料が毎月かかりますが、通常の半額~無料で使うことができます。

また、通話料も音声通話対応SIMよりも割安なものがほとんどです。

ただし、なかにはIP電話アプリを起動していないと、着信できないものもありますので、用途によって業者を選ぶ必要があります。

データ通信だけではちょっと物足りない、電話は使いたいけどなるべく安くしたい人に最適といえます。

  • 激安SIMプラン
  • 機能優先
  • おすすめMVNO
  • 激安SIMプランの充実度
トップページへ戻る
ページ上部へ戻る